2014年07月28日

プラネタリウム――第12回フリーワンライ企画参加作品(緑間×高尾)


Twitterにてフリーワンライ企画様(@freedom_1write)が主催なさっていらっしゃる「深夜の真剣文字書き60分一本勝負」に先日、初めて参加させて頂きました。
主旨はこちらに詳しくありますが、簡単に言えば、直前に出された複数のお題を使って一時間制限で何か書きましょう、というもの。お絵描き版が色んなジャンルごとに開催されているのを拝見していて、文字書き版はないのかなと思っていたので、渡りに船と参加させて頂いた次第です。
前回は外出していたので参加出来ず、念願叶っての、だったのですが……いやはや。一時間制限で書くというのはなかなか難しいですね。ギリギリまで時間を使ってしまい、読み返し・推敲が出来なかったという。結果、勢い任せのお話になってしまったような。次回はソコも踏まえて、時間が合えばまた参加させて頂きたいです。次回は8/1とのことなので、夏コミ原稿の進捗次第で。楽しくもあり勉強にもなり、また他の方の作品を拝読してまた勉強にも萌えにもなる、一石何鳥にもなるのが素敵ですね!

と、前置きが長くなりましたが。そちらで書かせて頂きましたのが今回の緑高です。高校生です。付き合ってない両片想いな感じです。
出されたお題のうち、「プラネタリウム」を使用させて頂きました。また、一箇所だけ文法違いがありましたのでそこだけ直させて頂きましたが、他は投稿時のままです。もすごく改稿したい気もしましたが、あえてそのままで。……精進します。

タグ:緑間×高尾

2014年07月12日

アルコール・ファンブル・ランブル――(緑間×高尾)


DCR3にて無料配布させて頂きました、ペーパーラリーの本です。お手にとって下さった皆様、ありがとうございました。社会人シリーズとは別軸です。大学生の緑間さんと高尾君が、両片想いからくっつくまでの、ちょっとしたお話。

続きは折り畳みです。

タグ:緑間×高尾

2014年02月19日

二兎両失――秋嵐乱心(緑高+中高)


夏コミの締め切りが終わりましたね。申し込みジャンルはギリギリまで悩んだのですが、初志貫徹。やはりラグナロクオンラインに致しました。受かりましたらば、生体関係の新刊と、出来れば冒険者主体のお話も書けたらなと。
スパコミやラグフェスの申し込みももう目前なのですが、ゴールデンウィーク近辺はリアル都合の関係で予定がはっきり立ちにくいので、こちらも悩んでいる最中です。とりあえず、七月のDC東京は緑高プチがあるので是非出たいと! 最近とみに原稿速度が遅く、黒子っち誕生日話もフォロワー様へのおたんじょーび贈呈物もまだ書き途中というていたらくでありますが、秀徳オンリーで出した準備号の続きも早く仕上げてしまいたいですね。



そんな同人関連の近況でありますが、今回は秋嵐乱心の続きをUPさせて頂こうかと思います。短めです。暗いです。シリアス一直線です。相変わらずすれ違いまくってます。ひたすら高尾君の心境です。次回でようやくもう一度、糸が絡まり合う、筈です。



毎度ながら注意書きです。

・このシリーズは全編を通して緑高・緑高前提の中高を含みます。
・物語開始時から緑高を前提としております。
・直接的な濡れ場は御座いませんが、そういう過程も含んでおります。
・着地目標は緑高のハッピーエンドですが、そこまでの道程は基本的にすれ違いシリアスです。

これまでのお話は以下になります(UP順)。

・人事不省(中谷×高尾)
・公私混同(相田景虎&中谷仁亮)
・暗中模索(緑間×高尾)
・青息独白(緑間×高尾)
・満心創痍(中谷×高尾)
・宣戦布告(中谷&緑間)
・因果応報(中谷×高尾)
・二兎両失(高尾和成)

時系列は以下の通りとなっております。
暗中模索→青息独白→人事不省→満心創痍→因果応報→公私混同→二兎両失→宣戦布告

以上の内容でも問題ないという方のみ、お進み下さいませ。


2014年02月14日

Trust me,trust you――(緑間×高尾 R18)


緑高R18小説アンソロジー「オールレンジ オールビュー」(2013/2発行)に寄稿させて頂いた作品を、主催様に許可頂いてWebUPさせて頂きました。お手にとって下さった皆様、そしてお誘い下さった主催様、本当にありがとうございました。素敵な記念になりました。

がっつりとR18な作品になりますので、展示はblogではなく、こちらの2サイトにさせて頂いております。

pixiv pictBLnd

せっかくR18と銘打ってるアンソロにお誘い頂いたのだしと、めいっぱいのエロを目指した記憶がが。他の皆様が素敵なお話を書かれている中、自分はこんなえろばっかな内容で良いんだろうかと、献本頂いた御本を拝読しながら暫し悩んだのもまた、いい思い出であります。うん、あれです。積極的な高尾君、からの、戸惑ってた緑間さんがぷつんと切れてひっくり返す展開とか、逆に押せ押せな緑間さんに意趣返しを施す高尾君とか。そういう最中に主導権を争い合う二人っていうのがとても。好きです。
タグ:緑間×高尾

2014年01月07日

今、逢いにいきます――(緑間×高尾 かま夜パロ)


黒バス、新年最初の更新がこれってどういうことなの、と自分でも若干思います。連載の続きやシティの原稿も進めないといけないのですが、そういうときに限ってなんとなく書いてしまうという。


そんなわけで、黒バス緑高の短篇です。
他作品パロディなので、以下注意事項です。

・緑間と高尾の二人は大学生です。秀徳の先輩方も出てきます。
・かまいたちの夜1のパロディです。
・ゲーム概要というか設定について一応の説明はありますが、判り辛かったら申し訳ありません。
・俊夫さんエンドです(犯人バレはありませんがエンド内容バレです)
・死ネタです。多分メリバです。


上記で問題ない方のみ、お進み頂ければ幸いです。

タグ:緑間×高尾